• 本

間違いだらけのインクルーシブ教育

出版社名 黎明書房
出版年月 2021年5月
ISBNコード 978-4-654-02351-6
4-654-02351-8
税込価格 2,090円
頁数・縦 163P 19cm

商品内容

要旨

混同されがちな特別支援教育とインクルーシブ教育の違いや類似点をあきらかにしつつ、徹底的な現場目線で、今日の「間違いだらけ」のインクルーシブ教育について詳述。これからのインクルーシブ教育の方向性を具体的に提示する。

目次

第1章 なぜ教師たちが苦しむのか?(現場で起きていること)
第2章 子どもたちを見ているのか?(ユマニチュードから学ぶ
子どもたちの姿から読み取る)
第3章 授業が成り立たない?(一斉授業とインクルーシブ教育
協同学習とインクルーシブ教育)
第4章 学級づくりとインクルーシブ教育(「受容共感協同型の学級経営」)
第5章 インクルーシブ教育における保護者対応(他害行為をどう捉えるか
被害者と加害者の立場 ほか)

著者紹介

多賀 一郎 (タガ イチロウ)  
神戸大学附属住吉小学校を経て、私立小学校に永年勤務。現在、追手門学院小学校講師。元日本私立小学校連合会国語部全国委員長。元西日本私立小学校連合会国語部代表委員。若い先生を育てる活動に尽力。公私立の小学校・幼稚園などで講座・講演などを行ったり、親塾や「本の会」など、保護者教育にも力を入れている。著書多数
南 惠介 (ミナミ ケイスケ)  
中学校、小学校講師での勤務を経て、小学校教諭となる。現在、美作市立勝田小学校教諭。人権教育、特別支援教育をベースとした学級経営に取り組んでいる。子どもたち一人一人を伸ばすための多様な学びのあり方について研究を進めつつ、試行錯誤しながら教室実践を積んでいる。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)