• 本

近代東アジア文明圏の啓蒙家たち

出版社名 京都大学学術出版会
出版年月 2021年5月
ISBNコード 978-4-8140-0343-3
4-8140-0343-9
税込価格 5,280円
頁数・縦 371P 22cm

商品内容

要旨

東アジアを往還した思想の系譜。幕末期、西周や津田真道の洋学の導入から、中江兆民の翻訳、福沢諭吉・内藤湖南の国民意識の形成、そして、日本を経由して清朝に近代を移植しようとした希代の言論家・梁啓超―グローバリズムにより新たな世界の形が拓かれつつある現代、その元図となる文明圏形成を振り返る。

目次

第1部 近代東アジア文明圏形成史(西周のオランダ留学と西洋近代学術の移植
中江兆民『民約訳解』の歴史的意義について
京都における番組小学校の創設と「万国公法」
福沢諭吉・内藤虎次郎による帝国主義的国民性の形成)
第2部 文明圏形成の功労者 梁啓超(「新民説」略論
「明治日本」と梁啓超研究
梁啓超にとっての譚嗣同―イデオロギーによる呪縛とそれからの逃脱
譚嗣同『仁学』の刊行と梁啓超
清朝の立憲準備と梁啓超による上奏代作
『梁啓超年譜長編』について)

著者紹介

狹間 直樹 (ハザマ ナオキ)  
京都大学名誉教授。京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得満期退学、博士(文学)。京都大学人文科学研究所助教授、教授を歴任。のち京都産業大学客員教授。専門は中国近現代史。日本孫文記念館名誉館長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)