• 本

地理と地形でよみとく世界史の疑問55

宝島社新書 605

出版社名 宝島社
出版年月 2021年5月
ISBNコード 978-4-299-01620-1
4-299-01620-3
税込価格 990円
頁数・縦 213P 18cm

商品内容

要旨

地理と地形と人類の歴史は切っても切れない関係にある!なぜ、人類はアフリカで誕生したのか?なぜ、ローマは大帝国を維持できたのか?文明の誕生から帝国の興亡、革命、戦争、そして現代の国際問題まで、世界史の疑問、全55項目を地図付きでわかりやすく解説する。その時、その場所で歴史は動いた!地形と地理に注目する新たな歴史へのアプローチで、世界史がますます面白くなる!!

目次

第1章 文明の起こりと帝国の誕生(なぜ、人類はアフリカで誕生したのか
なぜ、古代文明は大河の周辺に成立したのか
なぜ、文字や鉄の誕生がオリエントだったのか ほか)
第2章 ヨーロッパの台頭と一体化する世界(なぜ、イタリアでルネサンスが花開いたのか
なぜ、大航海時代はポルトガルから始まったのか
なぜ、ポルトガルはマラッカを拠点としたのか ほか)
第3章 帝国主義と世界大戦、そして戦後(なぜ、イギリスは世界を支配できたのか
なぜ、イギリスは上海を開港させたのか
なぜ、欧米列強は次々と日本を訪れたのか ほか)

出版社・メーカーコメント

なぜ、人類はアフリカで誕生したのか? なぜ、ローマは大帝国を維持できたのか? なぜ、大航海時代はポルトガルから始まったのか?なぜ、第二次世界大戦後のドイツは東西に分断されたのか? 世界史において、地理・地形と人類の動きは切っても切れない関係にある! その時、その場所で歴史は動いた。地理・地形と人類の歴史の関係性に着目し、文明や帝国の誕生から、革命、戦争、そして現代の国際問題まで、全55項目を地図付きでわかりやすく解説する! 地政学に基づく新しい世界史の楽しみ方。

著者紹介

関 真興 (セキ シンコウ)  
1944年三重県生まれ。著作家。東京大学文学部卒業後、駿台予備学校の世界史講師となる。2001年に退職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)