• 本

九州の港と唐人町

出版社名 海鳥社
出版年月 2021年4月
ISBNコード 978-4-86656-098-4
4-86656-098-3
税込価格 1,100円
頁数・縦 94P 21cm

商品内容

要旨

対外交易に熱心な領主層を背景に、華人系唐人・ポルトガル・オランダ・イエズス会などの勢力が複雑に絡み合い、国際色豊かな港が現出した九州。戦国期から近世初頭にかけて大名・領主や禅宗系寺院が関係した港の中から、唐人町や唐人の存在が確認できるものを取り上げ、地籍図・絵図・空中写真などの図版と史料からその成り立ちと変遷をたどる。

目次

港と唐人町の分布
唐人町の形成過程
ゲートウェイの港と唐人町
湾口の港と唐人町
沿岸航路の港と唐人町
城下町の港と唐人町
鎖国の港と唐人町

著者紹介

森 勝彦 (モリ カツヒコ)  
1953年鹿児島県生まれ。東京教育大学文学部卒業。筑波大学大学院歴史・人類学研究科博士課程単位取得退学。2001年北京大学城市環境学系留学。現在、鹿児島国際大学国際文化学部教授。専門は東アジアの歴史都市の交通・通信・交易・管理とその景観保存に関する歴史地理学的研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)