• 本

新・浪人若さま新見左近 7

宴の代償

双葉文庫 さ−38−11

出版社名 双葉社
出版年月 2021年5月
ISBNコード 978-4-575-67053-0
4-575-67053-7
税込価格 704円
頁数・縦 291P 15cm
シリーズ名 新・浪人若さま新見左近

商品内容

要旨

己が娘への将軍綱吉の寵愛を背景に、幕閣内で大きな力を持つようになった老中冬木有泉。綱吉の側近である柳沢保明をも凌ぐ勢いの冬木に乞われ、左近は冬木の庶子の旗本、磯田頼時をそば仕えとして預かることになる。真面目で穏やかな人柄と、己によく似た境遇の頼時に好感を抱く左近だが、頼時の胸中には、暗い思いが秘められており―。葵一刀流が悪を斬る!大人気時代小説シリーズ、刮目の第七弾!!

出版社・メーカーコメント

左近の想い人のお琴が囚われの身となってしまった。新しい宿坊ができた祝いの席に招かれた寺で、祝宴の最中に賊が押し入り、他の招待客と共に人質にされているという。賊は周囲に油をまき容易に手が出せぬ状況のなか、住職の賢隆の身柄の引き渡しを要求しているようだ。急ぎ寺に駆けつけた左近は、お琴たちを助け出そうとするのだが――。葵一刀流が悪を斬る! 大人気時代小説シリーズ、絶好調第七弾!!

著者紹介

佐々木 裕一 (ササキ ユウイチ)  
1967年広島県生まれ。『ネオ・ワールドウォー』(経済界)を2003年に発表し、以降、架空戦記を中心とした執筆活動に入る。2010年より活躍の舞台を時代小説に移行し、人気シリーズを数多く発表している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)