• 本

したたかでいい加減な生き物たち

出版社名 さくら舎
出版年月 2021年5月
ISBNコード 978-4-86581-293-0
4-86581-293-8
税込価格 1,540円
頁数・縦 202P 19cm

商品内容

要旨

何でもありで命をつなぐ、しぶとい生きざま!働き、怠け、戦い、子作り、食って食われ、死んでいく…、ひたすら今を生きる生き物たちの姿に感銘!強いだけでは生き残れない。いい加減でなければうまくやれない。なぜか元気がわいてくる大人の生物マンガ!

目次

1 怠け者を世話して過労死―アミメアリ
2 子供はたいてい殺される―ライオン
3 弱くてもうまいことやる方法―ミナミゾウアザラシ
4 可愛いけれど策略家―カクレクマノミ
5 強さがアダとなる―ダンクルオステウス
6 へこたれずに生きる―ヒキガエル
7 20年たつと滅びる―アカシュウカクアリ

出版社・メーカーコメント

何でもありで命をつなぐ、しぶとい生きざま!生き物たちの生き方は千差万別、何でもあり。怠け者の分まで生真面目に働き続けるアリ、強者の目を盗んでこっそりうまいことやるミナミゾウアザラシ、子孫を残すために群れを乗っ取るも自分も追いやられてしまうライオン、生き延びるには努力せずいい加減なほうがいいヒキガエル、強すぎて時代に適応できなくなって滅びた古代魚ダンクルオステウス……。生まれ、働き、戦い、怠け、子作りし、食われ、死んでいく。命ある限り力いっぱい生ききる生き物たちの姿を通じて、生きることの本質をトコトン描いた7本のマンガ+解説。生きる理由など求めない本能の清々しさに、なぜか元気が出てくる、大人の生物マンガ。

著者紹介

池田 清彦 (イケダ キヨヒコ)  
1947年、東京都に生まれる。生物学者。早稲田大学名誉教授。東京教育大学理学部卒業、東京都立大学大学院理学研究科博士課程生物学専攻単位取得満期退学、理学博士。構造主義生物学の見地から科学論・社会評論の執筆、テレビ番組(「ホンマでっか!?TV」)長期出演など幅広く活躍している。趣味は昆虫採集。カミキリムシ収集家としても知られる
村木 豊 (ムラキ ユタカ)  
1977年、東京都に生まれる。東京水産大学水産学部卒業。出版社に勤務し、書籍の編集、イラスト・マンガ制作に従事する。現在はフリーのイラストレーター。昆虫採集や釣り、キノコ採りなどで得た知見を活かし、生き物のイラストやマンガを主に描いている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)