• 本

別れてよかった

新装版

講談社文庫 う26−20

出版社名 講談社
出版年月 2021年5月
ISBNコード 978-4-06-522752-7
4-06-522752-6
税込価格 748円
頁数・縦 302P 15cm
シリーズ名 別れてよかった

商品内容

要旨

大好きな彼から、別れを告げられた。本当は引き留めたい、すがりつきたい。でもあえて笑顔で、引き際を美しく。だって、それがもっと素敵な恋に出会える、「いい女」になるための条件だから。自立した女性でいること。いい思い出だけを残すこと。著者だから語れる、いつまでも輝ける自分でいられるエッセイ集。

目次

1 恋
2 男たちと
3 女たちと
4 シネマ
5 あの頃
6 転機

出版社・メーカーコメント

かっこいい女は、すがらない女。その時辛くても、やせ我慢。人気作家が教える、「もっといい恋」に出会う方法!

著者紹介

内館 牧子 (ウチダテ マキコ)  
1948年秋田市生まれ。東京育ち。武蔵野美術大学卒業後、13年半のOL生活を経て、1988年脚本家としてデビュー。テレビドラマの脚本に「ひらり」(1993年第1回橋田壽賀子賞)、「てやんでえッ!!」(1995年文化庁芸術作品賞)、「毛利元就」(1997年NHK大河ドラマ)、「私の青空」(2001年放送文化基金賞)、「塀の中の中学校」(2011年第51回モンテカルロテレビ祭テレビフィルム部門最優秀作品賞及びモナコ赤十字賞)、「小さな神たちの祭り」(2021年アジアテレビジョンアワード最優秀作品賞)など多数。1995年には日本作詩大賞(唄:小林旭/腕に虹だけ)に入賞するなど幅広く活躍。東北大学相撲部総監督、元横綱審議委員。2003年大相撲研究のため東北大学大学院入学、2006年修了。その後も研究を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)