• 本

スティーヴン・キング論集成 アメリカの悪夢と超現実的光景

出版社名 青土社
出版年月 2021年5月
ISBNコード 978-4-7917-7376-3
4-7917-7376-4
税込価格 3,740円
頁数・縦 501,41P 20cm

商品内容

要旨

恐怖をベストセラーにした男。18世紀のゴシック・ロマンス、19世紀の英国ゴースト・ストーリー、20世紀のアメリカ産パルプホラー、そして日常生活を背景に人々の体験する戦慄が描かれる21世紀―。昔も今も人を虜にしてやまない、スティーヴン・キングの圧倒的作品世界をつまびらかにする。批評・作品論の決定版!

目次

第1部 デビュー作から初期傑作『ザ・スタンド』まで。七〇年代のキング作品(恐怖の聖地メイン州
批評家の戯言を聞くほど暇じゃない!―キング評集
五〇年代B級SFホラー映画とECコミック―「霧」『呪われた町』『クリープショー』 ほか)
第2部 八〇年代モダンホラー全盛期の作品から二一世紀ゼロ年代の作品まで(恐怖の暦物語―『人狼の四季』
断片化と結合の物語―『IT』
虐待される作家―『ミザリー』 ほか)
第3部 キング・ワールドの枢軸“ダークタワー”シリーズ(“ダークタワー”サーガ物語要約
第一巻『ガンスリンガー』
第二巻『運命の三人』 ほか)

著者紹介

風間 賢二 (カザマ ケンジ)  
1953年生まれ。武蔵大学人文学部卒業。幻想文学研究家。翻訳家。1998年『ホラー小説大全』(角川書店)で第51回日本推理作家協会賞を受賞。著書のほか、訳書に第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門審査委員会推薦作品ロバート・カークマン『ウォーキング・デッド』シリーズなど、多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)