• 本

世界最速ビジネスモデル 中国スタートアップ図鑑

出版社名 日経BP
出版年月 2021年5月
ISBNコード 978-4-296-00013-5
4-296-00013-6
税込価格 2,970円
頁数・縦 413P 21cm

商品内容

要旨

1%の可能性を1億倍に成長させる!世界最先端の起業実験場から勝ちパターンを抽出。

目次

第1部 事業レベルの急成長の論理(好循環を生み出すビジネスモデル
快看漫画―新時代のコミックは中国から
新〓―美容外科の世界最大プラットフォーム
VIPKID―アメリカ人が最も働きたい中国企業
ピンドゥオドゥオ―SNS共同購入でアリババ超えの神速成長)
第2部 全社レベルの急成長の論理(企業価値を高めるビジネスモデルの展開
バイトダンス―TikTokで世界を踊らせる
メイトゥアン―ありとあらゆるサービスを提供するプラットフォーム
シャオミ―スマホメーカーからネットサービス企業へと進化)
第3部 エコシステムの急成長の論理(「緩やかな連携」と「緊密な統合」
テンセント―模倣戦略からオープンプラットフォーム
アリババ―EC、リアル店舗、金融、クラウドなどを統合)
まとめ 史上最速成長の理由―中国スタートアップを支えるミクロとマクロの好循環

著者紹介

井上 達彦 (イノウエ タツヒコ)  
早稲田大学商学学術院教授。1992年横浜国立大学経営学部卒業。1997年神戸大学大学院経営学研究科博士課程修了、博士(経営学)。広島大学社会人大学院マネジメント専攻助教授、早稲田大学商学部助教授(大学院商学研究科夜間MBAコース兼務)などを経て、2008年より現職。2003年経営情報学会論文賞受賞。独立行政法人経済産業研究所(RIETI)ファカルティフェロー、ペンシルベニア大学ウォートンスクール・シニアフェロー、早稲田大学産学官研究推進センターインキュベーション推進室長などを歴任。専門はビジネスモデルと事業創造
鄭 雅方 (テイ ガホウ)  
早稲田大学商学学術院助手。2009年台湾台北市立大学音楽学部卒業。台湾、中国で勤務の後、日本へ留学。2016年早稲田大学大学院商学研究科修士課程修了。在学中に中国進出コンサルティング会社やスタートアップでアクションリサーチを行い、中国のIT・スタートアップに関するメディアの立ち上げに携わる。2019年より現職。中国のスタートアップを中心に研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)