• 本

これでいいのか茨城県の野望

地域批評シリーズ 61

出版社名 マイクロマガジン社
出版年月 2021年5月
ISBNコード 978-4-86716-137-1
4-86716-137-3
税込価格 1,078円
頁数・縦 319P 15cm

商品内容

要旨

祝!?魅力度最下位脱出。茨城は次に何を目指すべきか!改めて地元を見つめ直そう!茨城県ってどんなとこ?読めば茨城県のすべてがわかる!

目次

第1章 茨城県はまだまだこんなもんじゃない!(わかっちゃいるけど普通にスゴイ!茨城の自慢
豊かな県なのに魅力度最下位だったナゾ ほか)
第2章 茨城県はやっぱりここがダメ(どうしてこんなに知られていない!?恐ろしく知名度の低い観光地
なぜそこにこだわる?地元グルメが二番煎じ ほか)
第3章 県都・水戸はどうなる?どうする?(展望が感じられない水戸市街地再開発の今
自慢なのはわかるけどリアルに弱い水戸コンテンツ ほか)
第4章 茨城県各地の希望と不安(人口が激減している日立は滅亡まっしぐら!?
県央の注目タウン・ひたちなかは住んだらどうなの? ほか)
第5章 茨城県よ!野望ではなく大志を抱け!!(メジャー志向が招いた茨城県の停滞
類まれな豊かさと抜群の居住性 茨城県の飛躍は「住みやすい県」確立にあり!)

著者紹介

鈴木 ユータ (スズキ ユータ)  
1982年、千葉県木更津市生まれ。全国各地を駆け巡る実地取材系フリーライター
岡島 慎二 (オカジマ シンジ)  
1968年、茨城県土浦市生まれ。学術系からギャンブル系まで何でもこなす雑食ライター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)