• 本

その問いは誰のものか 先住民の科学・西洋科学・科学教育

出版社名 ナカニシヤ出版
出版年月 2021年3月
ISBNコード 978-4-7795-1580-4
4-7795-1580-7
税込価格 3,960円
頁数・縦 348P 22cm

商品内容

要旨

ネイティブアメリカン、マイノリティ、フェミニズム…、基盤となる世界観の拡張がオルタナティブな科学の扉を開く。

目次

序―「その問いは誰のものか?」
未完の科学
地図、モデル、科学の統一性
科学は価値観の宝庫
科学者の属性を反映する科学
文化と文化研究の諸問題
心理的距離と自然の概念
心理的距離、視点取り、生態学的関係
複雑化する文化モデル―心理的距離の限界
これまでの議論
インディアン教育略史
文化に根差した科学教育は複数の認識論を導く道標
メノミニーを事例とするコミュニティに根差した科学教育
コミュニティに根差した科学教育―AICの焦点
コミュニティでの協力関係―いくつかの成果
要約、結論、示唆

著者紹介

山田 嘉徳 (ヤマダ ヨシノリ)  
1986年生まれ。関西大学大学院心理学研究科心理学専攻博士課程後期課程修了。博士(心理学)。大阪産業大学全学教育機構准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)