• 本

東京駅・大阪駅であった泣ける話 5分で読める12編のアンソロジー

ファン文庫TearS

出版社名 マイナビ出版
出版年月 2021年5月
ISBNコード 978-4-8399-7608-8
4-8399-7608-2
税込価格 792円
頁数・縦 196P 15cm

商品内容

要旨

失業中で恋人もいない私は、前向きな話をする友人に、置いてきぼりにされた気がして…(『置いてきぼりのキラキラ』(朝比奈歩))。東京と大阪、二年間の遠距離恋愛を続けている二人。彼女から突然電話がきて…(『富士山は見えたか見えないか』(桔梗楓))。社内誌の編集をしている俺。東京生まれの俺には故郷というテーマはピンとこなくて…(『望京』(鳩見すた))。うつ病を抱える主人公。出張先の大阪の地下街で、カウンセラーの言葉を思い出し…(『大阪ダンジョンの冒険者』(溝口智子))。結婚を決めた侑菜。東京駅でのウェディングフォト撮影で起きた奇跡とは?(『薫風のいたずら』(矢凪))。ほか7作品収録。

出版社・メーカーコメント

東京駅・大阪駅、多くの人々が集まり想いを運ぶ二つの駅を舞台にした12編のアンソロジーです。・朝比奈歩『置いてきぼりのキラキラ』・ひらび久美『ええねんよ』・桔梗楓『富士山は見えたか見えないか』・鳩見すた『望京』・溝口智子『大阪ダンジョンの冒険者』・朝来みゆか『記憶の花園』・矢凪『薫風のいたずら』・遠原嘉乃『春告げ相撲』・杉背よい『わたしたちは嘘つき』・水城正太郎『退職』・石田空『大阪駅地下には迷路が広がっている』・猫屋ちゃき『東京アリス探訪』