• 本

イヌは愛である 「最良の友」の科学

出版社名 早川書房
出版年月 2021年5月
ISBNコード 978-4-15-210023-8
4-15-210023-0
税込価格 2,310円
頁数・縦 394P 20cm

商品内容

要旨

家に帰ったときの喜びよう、人にぴったりくっついて眠る様子、先を歩きすぎた散歩中に振り返る表情。最新科学で明らかになった、彼らの心の内―イヌはあなたを「愛している」。行動、心理、脳、ホルモン、DNAなどあらゆる学問をまたぐ「イヌの総合科学」。第一人者である著者は自らの研究所を飛び出し、生理学からのアプローチで最先端を進む日本の大学や、交配実験でイヌのように人なつこいキツネを生み出す旧ソ連の研究施設など世界中をめぐり、その成果をつなぎ合わせてゆく。長い旅の果てに導き出されるイヌと人の関係、そのあるべき姿とは。

目次

第1章 ゼフォス
第2章 イヌの特別なところとは?
第3章 イヌは人間を大切に思っている?
第4章 身体と心
第5章 起源
第6章 イヌの愛はどう育つ?
第7章 イヌをもっと幸せに

出版社・メーカーコメント

「イヌは感情をもち、人を愛するか?」。研究者たちが恐れ、避けてきた究極の疑問に先駆者が挑む。研究所を飛び出し、狼との比較を行なう日本の大学や、「イヌのようなキツネ」を育てる旧ソ連の研究施設にも答えを求めた、その先にある結論とは。解説/菊水健史

著者紹介

ウィン,クライブ (ウィン,クライブ)   Wynne,Clive D.L.
イギリス生まれ、アリゾナ州在住。アリゾナ州立大学教授、同大学イヌ科学共同研究所の創設者。フロリダ大学でアメリカ初のイヌ専門の研究室を生み出したほか、ドイツ、オーストラリアに赴任した経験ももつ。100本以上の査読付き論文に著者として名を連ね、多くの学術書を執筆してきた。ナショナルジオグラフィック、BBCにも出演し、各国での講演も多数
梅田 智世 (ウメダ チセイ)  
翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)