• 本

豊臣探偵奇譚

ハヤカワ文庫 JA 1486

出版社名 早川書房
出版年月 2021年5月
ISBNコード 978-4-15-031486-6
4-15-031486-1
税込価格 1,012円
頁数・縦 413P 16cm

商品内容

要旨

豊臣秀吉の弟である大和大納言の養子として、13歳で当主となった豊臣秀保。権力から距離をおき、書物で魔物の奇譚などに親しむ秀保だが、本当の怪異が襲い来るとは!夜空に出現する巨大な手、異形の亀甲怪人の襲来、密室で切り裂かれた死骸…絶望状況に直面したその時、彼を護るのは散楽芸人の少女・日魅火。日魅火に背中を護られながら、秀保は数々の怪異を解き明かしてゆく!戦国の世に、少年の純粋推理が閃く。

出版社・メーカーコメント

少し気弱だが頭脳明晰な少年・豊臣秀保と、強く美しい散楽芸の娘・日魅火は、魔性や災厄など超常的に見える事象を解明してゆく!

著者紹介

獅子宮 敏彦 (シシグウ トシヒコ)  
奈良県生まれ。「神国崩壊」で第10回創元推理短編賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)