• 本

超入門カーボンニュートラル

講談社+α新書 827−2C

出版社名 講談社
出版年月 2021年5月
ISBNコード 978-4-06-523504-1
4-06-523504-9
税込価格 946円
頁数・縦 206P 18cm

商品内容

要旨

脱炭素社会の基礎知識。次のビジネスはこの知識が武器になる。カーボンニュートラルに世界の投資マネーが殺到!第一人者による決定版。

目次

第1章 「カーボンニュートラル」って、つまり何?
第2章 温室効果ガスをどう減らす?
第3章 資本主義は環境にとって悪なのか?
第4章 投資家と銀行が迫るカーボンニュートラル
第5章 カーボンニュートラル政策による各産業への影響
第6章 カーボンニュートラルと地政学

出版社・メーカーコメント

いまや環境問題は大きな経済問題として認識されるようになった。金融界も「カーボンニュートラル」を意識するようになり、株価や金融政策にまで影響を及ぼすようになった。この言葉が持つ「破壊力」を理解しなければ、まともな事業計画を立てることも、経済政策を議論することも、さらには良い就職先を選ぶことも、良い投資することも、これからはできなくなる。状況の展開が急すぎて、何が起きているかを飲み込めずにいる人が少なくないかもしれない。だが、菅政権が「2050年カーボンニュートラル」を不意に打ち出した背景には、世界規模での経済競争や地政学観点による事情があった。菅政権はそれを自ら打ち出したのではなく、日本経済を守るために打ち出さざるをえなかったのだ。わたしたちは今、とてつもなく大きな時代の転換点にいる。それに早く気づいた者だけが、これからの時代をリードしていくことができる。あなたはこの動きを追い風にできるか、それとも追い込まれてしまうのか?

著者紹介

夫馬 賢治 (フマ ケンジ)  
株式会社ニューラルCEO。サステナビリティ経営・ESG投資コンサルティング会社を2013年に創業し現職。ニュースサイト「Sustainable Japan」編集長。環境省、農林水産省、厚生労働省のESG関連有識者委員。Jリーグ特任理事。国内外のテレビ、ラジオ、新聞でESGや気候変動の解説担当。全国での講演も多数。ハーバード大学大学院サステナビリティ専攻修士。サンダーバードグローバル経営大学院MBA。東京大学教養学部卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)