• 本

エルサレム

出版社名 河出書房新社
出版年月 2021年5月
ISBNコード 978-4-309-20828-2
4-309-20828-2
税込価格 3,245円
頁数・縦 264P 20cm

商品内容

要旨

五月二十九日、夜明け前。死病を患うミリアは痛みのあまり通りへ飛び出した。時を同じくして、自殺しようと窓から身を乗り出すミリアの元恋人、娼婦を求めさまよう精神科医の元夫、父親を探す少年と、獲物を探す元兵士。彼らの暗い運命は、誉れ高きゲオルグ・ローゼンベルク精神病院の記憶につながっていく…世界約50か国で翻訳される現代ポルトガル最重要作家による、狂気と怒りと愚かさを残酷に描ききる圧倒的代表作。

出版社・メーカーコメント

5月の真夜中、死病を抱えたミリアは痛みから外へ駆け出した。ときを同じくして、狂気と焦燥に駆られた男女が通りをさまよう……。現代ポルトガルの最重要作家による圧倒的代表作。

著者紹介

タヴァレス,ゴンサロ・M. (タヴァレス,ゴンサロM.)   Tavares,Gon〓alo M.
1970年、アンゴラ生まれ。2001年に作家デビュー。著作はこれまでに約50か国で出版され、フランス最優秀外国小説賞、ポルトガル・テレコム賞、欧州若人文学仏学生部門賞、Web文化文芸賞審査員特別賞ほか、国内外で数多くの文学賞を受賞、高い評価を受けている。『エルサレム』はジョゼ・サラマーゴ文学賞、ポルトガル・テレコム文学賞ほかを受賞し、ポルトガル国内でベストセラーとなった
木下 眞穂 (キノシタ マホ)  
1992年、上智大学ポルトガル語学科卒業。ポルトガル語翻訳家。ジョゼ・ルイス・ペイショット『ガルヴェイアスの犬』で第5回日本翻訳大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)