• 本

哲学の女王たち もうひとつの思想史入門

出版社名 晶文社
出版年月 2021年5月
ISBNコード 978-4-7949-7264-4
4-7949-7264-4
税込価格 2,200円
頁数・縦 249P 19cm

商品内容

要旨

男性の名前ばかりがずらりと並ぶ、古今東西の哲学の歴史。しかしその陰には、知的活動に一生をかけた数多くの有能な女性哲学者たちがいた。ハンナ・アーレントやボーヴォワールから、中国初の女性歴史家やイスラム法学者まで。知の歴史に大きなインパクトを与えながらも、見落とされてきた20名の思想家たち。もう知らないとは言わせない、新しい哲学史へのはじめの一書。

目次

ディオティマ(紀元前400年ごろ)
班昭(西暦45〜120年)
ヒュパティア(西暦350年ごろ〜415年)
ララ(1320〜1392年)
メアリー・アステル(1666〜1731年)
メアリ・ウルストンクラフト(1759〜1797年)
ハリエット・テイラー・ミル(1807〜1858年)
ジョージ・エリオット(メアリー・アン・エヴァンズ)(1819〜1880年)
エーディト・シュタイン(1891〜1942年)
ハンナ・アーレント(1906〜1975年)
シモーヌ・ド・ボーヴォワール(1908〜1986年)
アイリス・マードック(1919〜1999年)
メアリー・ミッジリー(1919〜2018年)
エリザベス・アンスコム(1919〜2001年)
メアリー・ウォーノック(1924〜2019年)
ソフィー・ボセデ・オルウォレ(1935〜2018年)
アンジェラ・デイヴィス(1944年〜)
アイリス・マリオン・ヤング(1949〜2006年)
アニタ・L・アレン(1953年〜)
アジザ・イ・アルヒブリ(1943年〜)

著者紹介

バクストン,レベッカ (バクストン,レベッカ)   Buxton,Rebecca
オックスフォード大学の大学院で哲学の博士課程を履修中。専攻は政治哲学と強制移動。とくに難民や移民の人権に関心を向けている。ロンドン大学キングス・カレッジで哲学の学士号、オックスフォード大学で「難民および強制移動研究」により修士号を取得
ホワイティング,リサ (ホワイティング,リサ)   Whiting,Lisa
実践倫理に関する分野の政策研究員。現在、データ倫理・イノベーションセンターで仕事をしている。ロンドン大学バークベック・カレッジで政府、政策、政治学の修士号を取得。ダーラム大学で哲学の学士号を取得
向井 和美 (ムカイ カズミ)  
翻訳家。京都府出身。早稲田大学第一文学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)