• 本

華厳経入法界品 梵文和訳 上

岩波文庫 33−345−1

出版社名 岩波書店
出版年月 2021年6月
ISBNコード 978-4-00-333451-5
4-00-333451-5
税込価格 1,067円
頁数・縦 357P 15cm

商品内容

要旨

大乗仏教の真髄『華厳経』の「入法界品」は、悟りを求める若者・善財童子が文殊菩薩に教えられ五十一人の良き師を訪ね、弥勒菩薩により重々無礙の真理を体験、普賢菩薩行の世界に悟入する遍歴物語。梵語原典の初めての現代日本語の完訳。序章から第十七章を収録。

目次

メーガシュリー比丘
サーガラメーガ比丘
スプラティシュティタ比丘
ドラヴィダ人メーガ
ムクタカ長者
サーラドヴァジャ比丘
アーシャー優婆夷
ビーシュモーッタラ・ニルゴーシャ仙
ジャヨーシュマーヤタナ婆羅門
マイトラーヤニー童女
スダルシャナ比丘
インドリエーシュヴァラ童子
プラブーター優婆夷
ヴィドヴァーン家長
有徳の長者ラトナチューダ
香料商サマンタネートラ
アナラ王

出版社・メーカーコメント

大乗仏教の真髄『華厳経』の「入法界品」は、悟りを求める若者・善財童子が文殊菩薩に教えられ51人の神々,菩薩らの良き師を訪ね、弥勒菩薩により重々無礙の真理を体験し、普賢菩薩行の世界に悟入する遍歴の物語。日本では古来、漢訳で読み継がれてきたが、梵語原典から初めての翻訳,上巻には序章から第十七章まで収録。(全三冊)