• 本

熱輻射論講義

岩波文庫 33−949−1

出版社名 岩波書店
出版年月 2021年6月
ISBNコード 978-4-00-339491-5
4-00-339491-7
税込価格 1,177円
頁数・縦 366P 15cm

商品内容

要旨

19世紀末、熱輻射の問題により理論と実験との齟齬が明らかとなり、ニュートン以来の物理学は重大な矛盾に逢着した。その隘路を打開し、新たな物理学―量子論―への端緒をひらいたのが、マックス・プランク(1858‐1947)によるエネルギー要素の仮定である。革命的な仮定の導入へ至る道筋を、自らの思考の流れに沿って丁寧に解説した主著。

目次

第1部 基礎的事実と定義(一般論
熱力学的平衡における輻射。キルヒホッフの法則。黒体輻射)
第2部 電気力学および熱力学からの結論(マクスウェルの輻射圧
シュテファン‐ボルツマンの輻射法則 ほか)
第3部 線形振動子による電磁波の放出と吸収(序論。線形振動子の振動方程式
周期的平面波の作用の下にある共鳴子 ほか)
第4部 エントロピーと確率(序論。基礎的な定理と定義
理想的単原子気体のエントロピー ほか)
第5部 非可逆的輻射過程(序論。輻射過程の直接的反転
任意の輻射場における1個の振動子。自然輻射の仮定 ほか)

出版社・メーカーコメント

一九世紀末、熱輻射の問題によって理論と実験との齟齬が明らかとなり、ニュートン以来の物理学は重大な矛盾に逢着した。その隘路を打開し、新たな物理学─量子論─への端緒をひらいたのが、プランクによるエネルギー要素の仮定である。革命的な仮定の導入へ至る道筋を、自らの思考の流れに沿って丁寧に解説した主著。