• 本

源氏物語を読む

岩波新書 新赤版 1885

出版社名 岩波書店
出版年月 2021年6月
ISBNコード 978-4-00-431885-9
4-00-431885-8
税込価格 1,100円
頁数・縦 289P 18cm

商品内容

要旨

千年を超えて読み継がれてきた『源氏物語』。その魅力の核心はどこにあるのか。“色好みの主人公”光源氏は、いかにして生み出されたのか。ときに流麗な原文を堪能しつつ、全五十四帖を丁寧にたどるところから、本質に迫る。初めて挑戦する読者も、何度も通読した愛好家も、ともに“物語を読む悦び”を堪能できる一冊。

目次

1 誕生から青春(両親の悲恋と美しき若君―桐壺巻
色好みの主人公―帚木・空蝉・夕顔巻
憧れの人とゆかりの少女―若紫・末摘花巻
不義の子の誕生―紅葉賀・花宴巻)
2 試練と復帰(御代替わりの後―葵・賢木・花散里巻
不遇の時代―須磨・明石巻
待つ者と離反する者―澪標・蓬生・関屋巻
権勢基盤の確立―絵合・松風・薄雲・朝顔巻)
3 栄華の達成(幼馴染の恋―少女巻
新たなる女主人公―玉鬘・初音・胡蝶巻
翻弄される人々―蛍・常夏・篝火巻
玉鬘との別れ―野分・行幸・藤袴・真木柱巻
六条院の栄華―梅枝・藤裏葉巻)
4 憂愁の晩年(若い妻の出現―若菜上・若菜下巻
柏木の煩悶と死―柏木・横笛・鈴虫巻
まめ人の恋の悲喜劇―夕霧巻
紫上の死と哀傷―御法・幻巻)
5 次世代の人々(光源氏没後の人々―匂兵部卿・紅梅・竹河巻
八宮の姫君たち―橋姫・椎本・総角巻
中の君へ、そして浮舟へ―早蕨・宿木・東屋巻
薫と匂宮、揺れる浮舟―浮舟・蜻蛉巻
浮舟の出家―手習・夢浮橋巻)

出版社・メーカーコメント

千年を超えて読み継がれてきた『源氏物語』。その魅力の核心はどこにあるのだろうか。既存の物語を下敷きとしながら生み出された経緯に注目しつつ、長大な物語の隅々まで目を配り、一つ一つの巻を丁寧に「読む」ところから本質に迫る。何度も通読した愛好家にも、初めて挑戦する読者にも、新たなヒントが詰まった一冊。

著者紹介

高木 和子 (タカギ カズコ)  
1964年兵庫県生まれ。東京大学大学院博士課程修了。博士(文学)。関西学院大学文学部教授を経て、東京大学大学院人文社会系研究科教授。専攻、『源氏物語』を中心に、平安文学研究。著書に『源氏物語の思考』(風間書房、第5回紫式部学術賞受賞)ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)