• 本

人生を豊かにしたい人のための日本の城

マイナビ新書

出版社名 マイナビ出版
出版年月 2021年5月
ISBNコード 978-4-8399-7569-2
4-8399-7569-8
税込価格 957円
頁数・縦 191P 18cm

商品内容

要旨

日本の城といえば、天守や櫓(やぐら)、門などがある江戸時代の城はもちろん、最近は石垣だけの城、さらには石垣すらない土の城ですら、人気があります。本書では、古代から、鎌倉・南北朝・室町期、戦国時代、江戸時代、近代まで、堀と土塁でできた原始的な城から、完成形となる天守がそびえる城、そしてその終焉まで、日本の城の歴史を追いかけています。ひと口に城といっても、幅が広く、奥が深いことがわかるでしょう。城のおもしろさ、魅力に気づける1冊です。

目次

第1章 城の起源と古代の城柵
第2章 鎌倉・南北朝・室町期の城
第3章 戦国時代の城
第4章 織豊期の城
第5章 江戸時代の城
第6章 近代 城の終焉

出版社・メーカーコメント

どうやって城は城になったのか?日本の城といえば、天守や櫓(やぐら)、門などがある江戸時代の城はもちろん、最近は石垣だけの城、さらには石垣すらない土の城ですら、人気があります。本書では、古代から、鎌倉・南北朝・室町期、戦国時代、江戸時代、近代まで、堀と土塁でできた原始的な城から、完成形となる天守がそびえる城、そしてその終焉まで、日本の城の歴史を追いかけています。ひと口に城といっても、幅が広く、奥が深いことがわかるでしょう。城のおもしろさ、魅力に気づける1冊です。

著者紹介

小和田 哲男 (オワダ テツオ)  
1944年静岡市生まれ。1972年早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。現在、静岡大学名誉教授。公益財団法人日本城郭協会理事長。戦国史研究の第一人者として知られ、NHKなどの歴史番組の解説やNHK大河ドラマの時代考証も務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)