• 本

奥大道 中世の関東と陸奥を結んだ道

出版社名 高志書院
出版年月 2021年5月
ISBNコード 978-4-86215-218-3
4-86215-218-X
税込価格 7,150円
頁数・縦 303P 22cm

商品内容

目次

第1部 関東の奥大道(奥大道とは何か
鎌倉と奥大道
武蔵の奥大道
下野小山の奥大道
奥大道関連遺跡・下古館遺跡)
第2部 陸奥の奥大道(鎌倉幕府と幹線道路
陸奥白河の奥大道
陸奥南部の奥大道の様相
奥大道と多賀国府周辺の街道
平泉の原奥大道
寺社と古道
奥大道論ノート)

著者紹介

柳原 敏昭 (ヤナギハラ トシアキ)  
1961年生れ、東北大学大学院文学研究科教授
江田 郁夫 (エダ イクオ)  
1960年生れ、宇都宮短期大学人間福祉学科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)