• 本

「忌(いまわの)」怖い話大祥忌

竹書房怪談文庫 HO−495

出版社名 竹書房
出版年月 2021年6月
ISBNコード 978-4-8019-2662-2
4-8019-2662-2
税込価格 748円
頁数・縦 223P 15cm

商品内容

要旨

不思議で恐ろしい出来事を体験した人々から聞き集めた実話怪談集。放課後コックリさんをした翌日、担任教師が教室の四隅に施した盛り塩。凶事はそこから…「教室の盛り塩」、上杉神社でいただいたお護符の箸。使わずにとっておいたら奇妙なことが…「箸を」、再婚予定の男性に懐かない娘。聞けば、男の横にいつも首のない少女がいるという…「トモダチの続報」、あるバーで常連客が次々と死んでいく怪事。死因は様々、共通点は店だけで…「バーにて」、看護師の女性の生家に棲みつく青年の霊。彼女の上京とともに憑いてきた彼は何かを探しているようなのだが…「今際の彼」他、全35話収録。

著者紹介

加藤 一 (カトウ ハジメ)  
1967年静岡県生まれ。人気実話怪談シリーズ『「超」怖い話』4代目編著者として、冬版を担当。また新人発掘を目的とした実話怪談コンテスト「超‐1」を企画主宰、そこから生まれた新レーベル『恐怖箱』シリーズの箱詰め職人(編者)としても活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)