• 本

コンヴェンション 哲学的研究

出版社名 慶應義塾大学出版会
出版年月 2021年6月
ISBNコード 978-4-7664-2738-7
4-7664-2738-6
税込価格 4,620円
頁数・縦 319P 20cm

商品内容

要旨

哲学の“極北”。ゲーム理論、言語哲学、制度論の尽きない源泉。

目次

1 コーディネーションとコンヴェンション
2 コンヴェンションを精緻化する
3 コンヴェンションを対照する
4 コンヴェンションとコミュニケーション
5 言語のコンヴェンション
結論

出版社・メーカーコメント

20世紀の社会科学、経済学に大きな変革をもたらしたゲーム理論。その中心的な概念である「共有知識」を最初に定式化し、古典となったルイスの『コンヴェンション』。その難解さゆえに「読まれざる名著」であったが、半世紀を経てついに邦訳なる。社会科学のみならず、哲学、言語学といった人文科学の基礎も、本書抜きに語ることはできない。

著者紹介

ルイス,デイヴィド (ルイス,デイヴィド)   Lewis,David
1941〜2001。言語哲学、数学の哲学、科学哲学、メタ倫理学など多くの分野で重要な貢献を残した20世紀後半を代表する分析哲学者。ハーバード大学においてW・V・クワインのもとで指導を受け、本書のもとになる博士論文を書き上げる。カリフォルニア大学ロサンゼルス校、プリンストン大学で教鞭をとる
瀧澤 弘和 (タキザワ ヒロカズ)  
中央大学経済学部教授。東京大学経済学研究科博士課程満期退学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)