• 本

リトル・グリーンメン 〈MJ−12〉の策謀

創元推理文庫 Mハ13−2

出版社名 東京創元社
出版年月 2021年5月
ISBNコード 978-4-488-22606-0
4-488-22606-X
税込価格 1,496円
頁数・縦 462P 15cm

商品内容

要旨

大統領をも番組に呼べる、超売れっ子テレビ・パーソナリティ、ジョン・O.バニオンは、首都ワシントンの人気者。一方ネイサン・スクラブスもワシントンの住人だったが、ある秘密機関の一員としてUFO関連の仕事についていた。007を夢見ていたのに。不遇をかこつ彼が癇に障るバニオンのUFO(!)による拉致を思いついたのが、すべての始まりだった。抱腹絶倒の大陰謀小説!

出版社・メーカーコメント

『ニコチン・ウォーズ』でアメリカのロビー活動の実態を見事に描き出して、読者を大笑いさせたC・バックリーが描く、飛ぶ鳥を落とす勢いの人気ニュースキャスター対情報部とホワイトハウス。エイリアンがらみで失墜するキャスターの運命やいかに。かつてジョージ・ブッシュのスピーチライターをつとめた経験もある彼らしく、ホワイトハウスの内情なども興味深く、トランプとその周辺をも思い起こさせる傑作。

著者紹介

バックリー,クリストファー (バックリー,クリストファー)   Buckley,Christopher
1952年、ニューヨーク生まれ。父親はベストセラー作家ウィリアム・F.バックリーJr.。イェール大学卒業後、『エスクァイア』の編集に携わったのち、レーガン政権で副大統領を務めていたジョージ・H.W.ブッシュJr.(パパ・ブッシュ)のスピーチライターのひとりとして、1981年から83年までホワイトハウスで働く。2008年2月には父親の他界後、それまでずっと父親と同じ共和党支持を通していたが、オバマ支持を表明する記事を書き、話題を呼んだ。つねに時代時代の人々の関心事をテーマにエンターテインメント小説を書き続けている作家である
青木 純子 (アオキ ジュンコ)  
1954年東京生まれ。早稲田大学大学院博士課程満期退学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)