• 本

父・福田恆存

文春学藝ライブラリー 雑英 33

出版社名 文藝春秋
出版年月 2021年6月
ISBNコード 978-4-16-813092-2
4-16-813092-4
税込価格 1,540円
頁数・縦 343P 16cm

商品内容

要旨

父・福田恆存と「友達」のように仲が良かった著者は、その影響で演劇の道に進む。やがて病に倒れ老いゆく父と確執を抱え、悩み、父の名を穢すまいと引導を渡す…。遺された手紙を紐解き、「鉢木會」での大岡昇平、中村光夫、吉田健一、三島由紀夫らとの交友、家族への情愛、長く苦しい父子の葛藤を、懐古と悔恨を込めて描く追想記。

目次

第1部 父からの手紙(これはじゆうのめがみです
ロープは最後まで放してはいけません
會食頗る愉快の想ひに御座候)
第2部 鉢木會・断章(晩年の和解―大岡昇平
恆存のボヤキ―中村光夫(1)
詩劇について少々抱負を―中村光夫(2)
チャタレイ裁判―吉田健一(1)
骨身に応へる話―吉田健一(2)
暗渠で西洋に通じてゐるのは―三島と福田
鈴木會の連歌帳―そして、神西清)
第3部 父をめぐる旅路(近代日本をいとほしむ―L嬢の物語
恆存の晩年
生きることと死ぬことと―エピローグ)

著者紹介

福田 〓 (フクダ ハヤル)  
1948(昭和23)年神奈川県生まれ。上智大学大学院文学研究科英文学専攻修士課程修了。明治大学名誉教授、翻訳家、演出家。シェイクスピアから現代演劇、新作歌舞伎まで多数の舞台演出を手掛けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)