• 本

日本の歴史 3

コンパクト版

仏教の都平城京 奈良時代

集英社版学習まんが

  • 仁藤敦史/監修 星井博文/シナリオ あおきてつお/まんが
出版社名 集英社
出版年月 2021年6月
ISBNコード 978-4-08-239203-1
4-08-239203-3
税込価格 825円
頁数・縦 191P 19cm
シリーズ名 日本の歴史

商品内容

要旨

唐にならった都、平城京が完成。この都を中心に、日本は律令国家として歩んでいきます。聖武天皇は、大仏をつくり、国分寺を全国に建立。鑑真もむかえ、仏教による国家の発展をめざしました。大陸の知識をさかんに吸収した時代で、はなやかな天平文化が花開きます。いっぽう農民の生活は不安定でした。墾田永年私財法で土地の私有がみとめられ、貧富の差が拡大。口分田を捨てる農民も増えていきます。

目次

第1章 平城京への遷都
第2章 聖武天皇と大仏造立
第3章 奈良時代の暮らし
第4章 海をこえた鑑真
第5章 藤原仲麻呂と女帝
日本の歴史 わくわくミュージアム

出版社・メーカーコメント

大好評ハードカバー版が四六判・ソフトカバーのコンパクト版で登場!新規コラムページ「重要人物」「Q&A」で学習効果UP!≪カバーイラストは久保帯人先生!≫ 唐にならった都、平城京が完成。この都を中心に、日本は律令国家として歩んでいきます。聖武天皇は、大仏をつくり、国分寺を全国に建立。鑑真もむかえ、仏教による国家の発展をめざしました。大陸の知識をさかんに吸収した時代で、はなやかな天平文化が花開きます。いっぽう農民の生活は不安定でした。墾田永年私財法で土地の私有がみとめられ、貧富の差が拡大。口分田を捨てる農民も増えていきます。

著者紹介

仁藤 敦史 (ニトウ アツシ)  
国立歴史民俗博物館教授
あおき てつお (アオキ テツオ)  
東京都出身。代表作に『緋が走る』『島根の弁護士』など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)