• 本

純粋の探究

出版社名 彩流社
出版年月 2021年6月
ISBNコード 978-4-7791-2758-8
4-7791-2758-0
税込価格 3,300円
頁数・縦 226P 19cm

商品内容

要旨

第一次大戦に参加したジオノは、いまにも戦争が勃発しそうな不穏な空気を読みとって、反戦の書『服従の拒絶』(1937年)を、さらに宣戦布告がなされると『純粋の探究』を発表。戦争の無意味さ、欺瞞的側面を鋭くあばく。『ドミニシ事件覚書』(1954年)も収載。

目次

純粋の探究
服従の拒絶
ドミニシ事件覚書/人間の性格についての試論

著者紹介

ジオノ,ジャン (ジオノ,ジャン)   Giono,Jean
1895年‐1970年。フランスの小説家。プロヴァンス地方マノスク生まれ。16歳で銀行員として働き始める。1914年、第一次世界大戦に出征。1929年、「牧神三部作」の第一作『丘』がアンドレ・ジッドに絶賛される。作家活動に専念し、『世界の歌』や『喜びは永遠に残る』などの傑作を発表する。第二次大戦では反戦活動を行う。1939年と1944年に投獄される。戦後の傑作として『気晴らしのない王様』、『屋根の上の軽騎兵』などがある。1953年に発表された『木を植えた男』は、ジオノ没後、20数か国語に翻訳された。世界的ベストセラーである
山本 省 (ヤマモト サトル)  
1946年兵庫県生まれ。1969年京都大学文学部卒業。1977年同大学院博士課程中退。フランス文学専攻。信州大学教養部、農学部、全学教育機構を経て、信州大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)