• 本

晋平の矢立 新装版

徳間文庫 や35−3 徳間時代小説文庫

出版社名 徳間書店
出版年月 2021年6月
ISBNコード 978-4-19-894655-5
4-19-894655-8
税込価格 726円
頁数・縦 268P 15cm
シリーズ名 晋平の矢立

商品内容

要旨

大火に見舞われた江戸尾張町。焼け残った土蔵の取り壊しに難儀した肝煎衆五人組は、深川“伊豆晋”のかしら、晋平を訪ねる。建替え普請のため家屋を壊す「壊し屋」を生業とし、荒くれ男たちを束ねる晋平。その度量の大きさに加えて、蔵から出る古道具への目利きにも優れる。所蔵品にまつわる深い因縁と、職人たちのほれぼれする江戸気質を、名人が情緒あふれる筆致で綴る時代人情小説。

著者紹介

山本 一力 (ヤマモト イチリキ)  
1948年高知市生まれ。都立世田谷工業高校卒業後、旅行代理店、広告制作会社勤務を経て、97年『蒼龍』で第77回オール讀物新人賞を受賞してデビュー。2002年に『あかね空』で第126回直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)