• 本

清水正・ドストエフスキー論全集 11

松原寛とドストエフスキー

出版社名 D文学研究会
出版年月 2021年5月
ISBNコード 978-4-434-28989-7
4-434-28989-6
税込価格 3,850円
頁数・縦 501P 22cm
シリーズ名 清水正・ドストエフスキー論全集

商品内容

要旨

苦悶と求道の哲人・松原寛の生活と哲学を検証。ドストエフ数寄による永遠のドストエフスキー放浪記。ドストエフスキー生誕200周年・日大芸術学部創設100周年記念。

目次

松原寛との運命的な邂逅―日大芸術学部創設者・松原寛の生活と哲学を巡る実存的検証(1)(江古田での神秘的体験
「ドストエフスキー体験」の頃 ほか)
苦悶の哲人・松原寛―日大芸術学部創設者・松原寛の生活と哲学を巡る実存的検証(2)(松原寛の処女評論「若き哲人の苦悶」
赤裸々な告白―不信と懐疑の洗礼 ほか)
ドストエフスキー放浪記―意識空間内分裂者の独白
『罪と罰』における「ラザロの復活」再検証(「ラザロの復活」朗読場面―米川正夫訳と江川卓訳による検証
ラザロの復活 ほか)
ドストエフスキー『罪と罰』再読(ソーニャとレベジャートニコフ
ソーニャの前に“突然”ひざまずくラスコーリニコフ ほか)

著者紹介

清水 正 (シミズ マサシ)  
1949年2月8日我孫子市生。日本大学芸術学部文芸学科卒。批評家。D文学研究会主宰。日本文芸家協会会員。元日本大学芸術学部教授。日本大学大学院芸術学研究科非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)