• 本

分解系女子マリー

出版社名 小学館
出版年月 2021年6月
ISBNコード 978-4-09-290645-7
4-09-290645-5
税込価格 1,430円
頁数・縦 255P 19cm

商品内容

要旨

世界的大企業のサイエンスキャンプに招待された、世界中から選ばれし天才キッズたち。モノの仕組みを知りたがる“分解系女子”マリーもその一人。しかし、マリーの周囲で不可解な事件がつぎつぎと巻き起こり…。知力と行動力で、事件のなぞを解き明かすことができるのか?科学の力、どう使う?天才女子4人組の痛快エンタメ小説。

出版社・メーカーコメント

STEMガールズの科学エンタメ小説  【Science(科学)】、【Technology(IT技術)】、【Engineering(工学)】、【Mathematics(数学)】が得意な4人の女の子が、知力とひらめきで不可解な事件のなぞを解き明かす、痛快エンタメストーリー!主人公マリーは何でも分解して仕組みを知りたがる12歳の女の子。夢は、車いすで生活するママが快適に暮らせる家をプレゼントすること。毎日、裏庭にある小さな発明小屋で、機械の分解と組立にあけくれている。そんなある日、世界的大企業のサイエンスキャンプに特別に招待され、ロボットのプログラミングコンテストに参加することになった。気の合う仲間もでき、最新設備のそろったキャンプで、夢のような時間を過ごすマリーだが、周囲で不可解な出来事が次々と起こっていることに気づき、事件の渦に巻きこまれていく・・・・・。  【編集担当からのおすすめ情報】  英語の原題は『MARIE CURIOUS GIRL GENIUS SAVES THE WORLD』。マリー・キュリー夫人にひっかけたタイトルで、女の子の科学的好奇心や探究心が世界を救う物語。ミステリー仕立てで読み始めたら止まらない、パズルのピースがピタッとはまっていく爽快感のある作品です。

著者紹介

エディソン,クリス (エディソン,クリス)   Edison,Chris
イギリスで多くの児童書シリーズを手がける小説家。複数のペンネームを持ちながら、エキサイティングな冒険物語を書いている
橋本 恵 (ハシモト メグミ)  
東京都生まれ。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)