• 本

内田麟太郎詩集

現代こども詩文庫 2

出版社名 四季の森社
出版年月 2021年5月
ISBNコード 978-4-905036-26-5
4-905036-26-7
税込価格 1,320円
頁数・縦 183P 19cm

商品内容

目次

詩篇(『うみがわらっている』から
『きんじょのきんぎょ』から
『ぼくたちはなく』から
『しっぽとおっぽ』から
『まぜごはん』から
『たぬきのたまご』から
『なまこのぽんぽん』から
『これでいいへら』から
『内田麟太郎詩集』から
『あかるい黄粉餅』から
『なまこ饅頭』から)
エッセイ(炭鉱のあった町
だじゃれは正義のためならず
真円の絵本作家 葉祥明
楕円の絵本作家 片山健
ひょうげた美 長新太
秋山清と夢二と芋銭
雑談・リアリズムのそばで)
詩人の歩み
詩人論・作品論(いいな いいな 内田さん(矢崎節夫)
内田麟太郎の詩方法 言葉あそび詩から叙情詩まで(菊永謙))

著者紹介

内田 麟太郎 (ウチダ リンタロウ)  
1941年福岡県大牟田市に生まれる。詩集に『たぬきのたまご』(第四回児童ペン賞大賞)『なまこのぽんぽん』(以上、銀の鈴社)、『ぼくたちはなく』(PHP研究所、第15回三越左千夫少年詩賞)などがある。絵本に『さかさまライオン』(絵本にっぽん賞、童心社)、『がたごとがたごと』(日本絵本賞、童心社)、『うそつきのつき』(小学館児童出版文化賞、文溪堂)など多数がある。童話に『ふしぎの森のヤーヤー』(産経児童出版文化賞、金の星社)など多数。第55回児童文化功労賞受賞。第39回巖谷小波文芸賞受賞。日本児童文学者協会理事長(2016年5月〜2020年5月)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)