• 本

相談支援の処「法」箋 福祉と法の連携でひらく10のケース

出版社名 現代書館
出版年月 2021年6月
ISBNコード 978-4-7684-3587-8
4-7684-3587-4
税込価格 2,420円
頁数・縦 188P 21cm

商品内容

要旨

複合多問題な10のケースへのアプローチを、法律の視点から解説。福祉と法の連携で、地域福祉をより豊かに!断らない相談支援―この「無茶ぶり」に備えるために。

目次

1 守秘義務はアセスメントのキホン
2 あきらめさせない債務整理
3 成年後見だけじゃない金銭管理
4 障害のある人もない人も、老いも若きもともに暮らす地域
5 虐待対応で判断に迷ったら
6 家庭内暴力に安全・適切に介入する
7 万引きを繰り返す高齢者の「更生支援」
8 おひとり様の死後事務
9 「8050問題」と親亡きあと
10 弁護士と連携するには

著者紹介

青木 志帆 (アオキ シホ)  
大阪府出身。弁護士・社会福祉士。2009年兵庫県弁護士会登録、法律事務所勤務を経て2015年明石市役所に入庁。障害者施策、ひきこもり支援、社会福祉協議会などの部署を経て、現在はあかし保健所法務相談支援担当課長。日弁連高齢者・障害者権利支援センター幹事。同人権擁護委員会障がいのある人に対する差別を禁止する法律に関する特別部会委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)