• 本

損料屋見鬼控え 2

講談社文庫 み70−2

出版社名 講談社
出版年月 2021年6月
ISBNコード 978-4-06-523773-1
4-06-523773-4
税込価格 682円
頁数・縦 217P 15cm
シリーズ名 損料屋見鬼控え

商品内容

要旨

「見鬼」とは霊が見える能力。その才を持つ損料屋(レンタルショップ)の息子・又十郎と、声が聞こえる義妹・天音のことは江戸でも少し有名に。ある日、家族と死別して巴屋にもらわれてきた天音が、以前住んでいた長屋に行きたいと言い出した。霊感のある二人が向かってみると…。人気書下ろし時代小説。

出版社・メーカーコメント

江戸で有名な「見える兄と聞こえる妹」。不思議な力を持つ兄妹が今日も「霊助け」のために事故物件を巡る──書下ろし霊感時代小説!

著者紹介

三國 青葉 (ミクニ アオバ)  
神戸市出身、お茶の水女子大学大学院理学研究科修士課程修了。2012年「朝の容花」で第24回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞。『かおばな憑衣帖』と改題しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)