• 本

愛についてのデッサン 野呂邦暢作品集

ちくま文庫 の16−1

出版社名 筑摩書房
出版年月 2021年6月
ISBNコード 978-4-480-43749-5
4-480-43749-5
税込価格 990円
頁数・縦 414P 15cm

商品内容

要旨

初の文庫化となる表題作「愛についてのデッサン」は、古本屋稼業に静かな情熱を燃やす若き店主、佐古啓介が謎めいた恋や絡みあう人間模様を、古書を通してそれぞれの事情を解き明かす異色の青春小説として根強い人気を誇る傑作。この他、現在は入手困難になっている短篇小説も収録し、編者・岡崎武志氏による解説を付す。夭折の芥川賞作家、「小説の名手」による貴重な作品集が待望の文庫化。

出版社・メーカーコメント

夭折の芥川賞作家作による古書店を舞台に人間模様を描く「古本青春小説」。古書店の経営や流通など編者ならではの視点による解題を加え初文庫化。

著者紹介

野呂 邦暢 (ノロ クニノブ)  
1937年長崎市生まれ。戦時中に諫早市に疎開、長崎被爆のため戦後も同市に住む。長崎県立諫早高校卒業後上京するもほどなく帰郷、1957年陸上自衛隊に入隊。翌年除隊し、諫早に戻り家庭教師をしながら文学をこころざす。1965年「ある男の故郷」が第21回文學界新人賞佳作入選。1974年自衛隊体験をベースにした「草のつるぎ」で第70回芥川賞受賞。1976年、初めての歴史小説「諫早菖蒲日記」発表。1980年に急逝するまで精力的に書き続けた
岡崎 武志 (オカザキ タケシ)  
1957年大阪府生まれ。書評家、ライター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)