• 本

修験道入門

ちくま学芸文庫 コ51−1

出版社名 筑摩書房
出版年月 2021年6月
ISBNコード 978-4-480-51055-6
4-480-51055-9
税込価格 1,650円
頁数・縦 472P 15cm

商品内容

要旨

国土の八割が山という国柄から、日本には世界にも稀な山岳宗教がおこった。仏教や民間信仰と結合して修験道という特殊な信仰ができあがり、これが日本人の宗教の原点を形成したのである。霊山の開祖たち、山伏の厳しい修行、兜巾・篠懸・金剛杖・法螺貝など特別な服装や持物。それらの起源と意味を追いつつ、修験道の歴史とそこにあらわれた精神を、宗教民俗学の泰斗が平明に説く。修験道があらゆる庶民信仰を包含しつつ、日本特有の宗教文化を作り上げてきたさまが見えてくる名著。

目次

第1章 山伏の開祖
第2章 山伏の入峯修行
第3章 山伏と聖火
第4章 山伏の服装
第5章 山伏の持物
第6章 山伏の文化

出版社・メーカーコメント

国土の八割が山の日本では、陰陽道や仏教と結合して陰陽道が生まれた。霊山の開祖、山伏の修業等を通して、日本人の宗教の原点を追う。解説 鈴木正崇

著者紹介

五来 重 (ゴライ シゲル)  
1908‐93年。茨城県生まれ。東京帝国大学文学部印度哲学科を卒業後、京都帝国大学文学部史学科国史学専攻卒業。高野山大学教授を経て、大谷大学文学部教授、同名誉教授。専門、日本民俗学、宗教史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)