• 本

新薬という奇跡 成功率0.1%の探求

ハヤカワ文庫 NF 575

出版社名 早川書房
出版年月 2021年6月
ISBNコード 978-4-15-050575-2
4-15-050575-6
税込価格 1,254円
頁数・縦 428P 16cm

商品内容

要旨

先史時代から人類は自然の中に分け入り、薬の材料となる木の根や葉などを手当たり次第に探し求めてきた。現在でも科学者の創薬プロジェクトが医薬品に結実する可能性はわずか0.1%であり、ペニシリンやアスピリンなどの薬、そして感染症に対するワクチンの数々はまさに奇跡の所産なのだ。新薬という夢に賭けた人々の挑戦の歴史を、第一線で長年活躍する研究者が描いた名著。

目次

たやすいので原始人でもできる―新薬探索の嘘みたいな起源
キンコン伯爵夫人の治療薬―植物性医薬品ライブラリー
スタンダード・オイルとスタンダード・エーテル―工業化医薬品ライブラリー
藍色や深紅色やスミレ色―合成医薬品ライブラリー
魔法の弾丸―薬の実際の働きが解明される
命を奪う薬―医薬品規制の悲劇的な誕生
新薬探索のオフィシャルマニュアル―薬理学が科学になる
サルバルサンを超えて―土壌由来医薬品ライブラリー
ブタからの特効薬―バイオ医薬品ライブラリー
青い死からβ遮断薬へ―疫学関連医薬品ライブラリー
ピル―大手製薬企業の外で金脈を掘り当てたドラッグハンター
謎の治療薬―まぐれ当たりによる薬の発見
ドラッグハンターの未来―シボレー・ボルトと『ローン・レンジャー』

出版社・メーカーコメント

成功率わずか0.1%――新薬創造の偉業に挑んできた人類の歴史を、長年創薬の第一線で活躍する著者が綴る傑作科学ノンフィクション

著者紹介

キルシュ,ドナルド・R. (キルシュ,ドナルドR.)   Kirsch,Donald R.
35年以上の経歴を持つ新薬研究者(ドラッグハンター)。ラトガース大学で生化学の学士号を、プリンストン大学で生物学の修士号と博士号を取得。スクイブ社(現ブリストル・マイヤーズ・スクイブ社)、アメリカ・サイアナミッド社、ワイス社(ともに現ファイザー社)、カンブリア・ファーマシューティカルズ社で抗感染症薬や抗真菌薬、抗ガン剤の開発や機能ゲノミクス研究に携わる。これまでに医薬品関連の特許を24件取得、50本を超える論文を執筆している。現在はバイオ/製薬業界コンサルタントとして活躍するほか、ハーバード大学エクステンション・スクールで新薬探索の講義を担当する
オーガス,オギ (オーガス,オギ)   Ogas,Ogi
サイエンスライター。“ウォール・ストリート・ジャーナル”紙や“ボストン・グローブ”紙、“ワイアード”誌などに寄稿
寺町 朋子 (テラマチ トモコ)  
翻訳家、京都大学薬学部卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)