• 本

超空気支配社会

文春新書 1316

出版社名 文藝春秋
出版年月 2021年6月
ISBNコード 978-4-16-661316-8
4-16-661316-2
税込価格 1,012円
頁数・縦 287P 18cm

商品内容

要旨

SNSの炎上、五輪「開催」か「中止」か、同調圧力、自粛警察…「極論」だらけの社会になったのはなぜか。ネット時代の日本を鋭く活写した気鋭の筆者による初の評論集。

目次

第1章 ふたつの同調圧力に抗って―五輪とコロナ自粛(暴走する東京五輪
コロナ自粛という空気 ほか)
第2章 虚構の戦前回帰―歴史の教訓をアップデートする(愛国教育と忖度のゆくえ
愛国とエンタメの再結合 ほか)
第3章 プロパガンダの最前線へ―音楽から観光まで(軍歌はナショナリズムをどう表現してきたか
エンタメ国防論 ほか)
第4章 総合知を復興せよ―健全な中間をめざして(それでもわれわれが「右でも左でもない」をめざすべき理由
ひとは正義と一体化できない ほか)

著者紹介

辻田 真佐憲 (ツジタ マサノリ)  
1984年、大阪府生まれ。評論家・近現代史研究者。慶應義塾大学文学部卒業、同大学院文学研究科中退。政治と文化芸術の関係を主なテーマに、著述、調査、評論、レビュー、インタビューなどを幅広く手がけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)