• 本

パラゴンとレインボーマシン

出版社名 小学館
出版年月 2021年6月
ISBNコード 978-4-09-290586-3
4-09-290586-6
税込価格 1,760円
頁数・縦 411P 20cm

商品内容

要旨

「ボクの名前は―パラゴン」庭にひっそりと建つ物置の下で静かに眠っていたのは、一体の人工知能ロボットだった。生まれつき色を識別できない少年オーデンが、パラゴンとともにレインボーマシンの謎へ迫る、長編SF物語。

出版社・メーカーコメント

〈レインボーマシン〉の謎を解き明かせ!  「ボクの名前は──パラゴン」庭にひっそりと建つ物置の下で静かに眠っていたのは、一体の人工知能ロボットだった。生まれつき色を識別できない少年オーデン・デアは、伯父の天才科学者ヨナ・ブルーム博士が発明したと思われる「レインボーマシン(=色が見えるようになる機械)」を探しはじめる。そんな中出会ったのが、人工知能ロボットのパラゴンだった。エミリー・ディキンソンの詩を暗唱し、太陽系の惑星を知りつくしていて、鳥や草木、芸術にも詳しく、だれでも一瞬で笑顔にできる天才的なユーモアまで持っている。そんなパラゴンや、親友の女の子ヴィヴィ・ルークミニと触れあう中で、オーデンの考え方や内面にもだんだんと変化が現れる。パラゴンとオーデン、そしてヴィヴィがさまざまな謎を解決していく中で、次第にレインボーマシンのこと、この世界のこと、そしてパラゴンの秘密が明らかになっていく。  【編集担当からのおすすめ情報】  こんな最高なロボット、見たことがない! この本を読み終える頃には、きっと最高に素敵なロボット=パラゴンのことが愛しくなっているはずです。先天色覚異常という特性を持つことに思い悩む少年オーデン・デアと、親友の天才少女ヴィヴィ・ルークミニ、そして超高性能ロボットのパラゴン。それぞれの関わり合いの中で次第に世界と、パラゴン自身の秘密が明らかになっていく展開に胸が躍ります。戦争や人工知能、水不足といった、さまざまな未来の可能性を示唆するSF作品です。

著者紹介

ベセル,ジラ (ベセル,ジラ)   Bethell,Zillah
パプアニューギニア生まれ。子どもの頃は裸足のままジャングルで遊び、8歳でイギリスへ来るまでは靴を持っていなかった。オックスフォード大学を卒業し、現在はウェールズを拠点に執筆活動を行う
三辺 律子 (サンベ リツコ)  
東京都生まれ。翻訳家。白百合女子大学大学院児童文化学科修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)