• 本

サイコアナリシス・オンライン 遠隔治療のための知識とトレーニング

出版社名 岩崎学術出版社
出版年月 2021年6月
ISBNコード 978-4-7533-1186-6
4-7533-1186-4
税込価格 3,850円
頁数・縦 251P 21cm

商品内容

目次

第1部 技術、人および社会(ソーシャルメディアとコミュニケーションテクノロジーが自己と関係性に与える影響
セラピーとテクノロジーに関して思いを巡らすこと)
第2部 治療における電話とインターネット(電話およびインターネットによる分析における臨床的問題
遠隔治療における法的、臨床的、倫理的問題
テレセラピーの倫理的側面
直接会ってのサイコセラピーから電話精神分析への移行
テレアナリシス開始時に再考された設定と転移‐逆転移
心的変容のための触媒としての画面)
第3部 サイコセラピストと精神分析家の訓練のための示唆(サイバー空間における精神分析の枠組み
Skypeを使った精神分析
4人の女性分析家が候補生のときのテレアナリシスを回想する
サイコセラピストと精神分析家の訓練における遠隔治療とテレアナリシス)
第4部 日本におけるオンライン精神分析の現状(オンラインと「聖なる一回性」
画面で接しないこと)

著者紹介

妙木 浩之 (ミョウキ ヒロユキ)  
1987年上智大学文学研究科博士後期課程満期退学。北山研究所、佐賀医科大学助教授、久留米大学文学部助教授を経て現職。専攻は臨床心理学、精神分析学。現職、南青山心理相談室他セラピスト、東京国際大学人間社会学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)