• 本

アンチレイシストであるためには

&books

出版社名 辰巳出版
出版年月 2021年6月
ISBNコード 978-4-7778-2773-2
4-7778-2773-9
税込価格 2,420円
頁数・縦 381P 19cm

商品内容

要旨

人種や差別の問題を解きほぐすための思考の旅。世界が注目する気鋭の歴史学者によるメモワール。

目次

定義することからはじめよう
引き裂かれる心
権力がつくりだした幻想―人種
ぼくたちは生物学的に違うのか?
民族と民族のあいだに
この身体は危険?
文化に優劣はない
行動は個人のもの
さまざまな肌の色
白人への憎しみ
黒人のレイシスト
資本主義とレイシズムの双子
区別される空間、区別されない空間
ジェンダーと人種が交差する場所
あらゆるセクシュアリティとつながる
行動と失敗
成功へのステップ
アンチレイシストであるためには

出版社・メーカーコメント

全米130万部ベストセラー!《米Amazon第1位》《NYタイムズ・ベストセラー第1位》“2020年最も影響力のある100人Wに選ばれた世界が注目する歴史学者による世界に蔓延るレイシズム(人種主義)を解き明かすためのガイドブック。アンチレイシストとは人種だけでなく、民族、文化、階級、ジェンダー、セクシャリティなどの違いを平等に扱う人のこと。世界に蔓延るレイシズム(人種主義)の構造や本質をみずからの体験を織り交ぜながら解き明かし、制度としてのレイシズムを変え、「アンチレイシスト」としての態度をとりつづけることがその解決策だと訴える。レイシズムが深く浸透した社会では、自身をふくむほとんどの人の心にレイシズム的な考え方が潜んでいる。レイシストの権利者たちがつくりだす「ポリシー(政策、制度、ルール)」を変えない限りレイシズムは解決できず、「レイシストではない」と発言する人も、そのポリシーを容認する限り仮面を被ったレイシストなのだと厳しい目を向ける。だからこそ、「アンチレイシスト」でありつづけるためには、レイシズムを生物学、民族、身体、文化、行動、肌の色、空間、階級に基づいてよく理解し、レイシズム的な考え方を見つけるたびに取り除いていく必要がある。問題の根源が「人々」ではなく「権力」に、「人々の集団」ではなく「ポリシー」にあることに目を向ければ、アンチレイシズムの世界が実現可能となる。ぼくたちはレイシストであるための方法を知っている。レイシストでないふりをする方法も知っている。だからいま、アンチレイシストであるための方法を学び始めよう。【著者】イブラム・X・ケンディ Ibram X. Kendi歴史学者、作家。ボストン大学〈反人種主義研究・政策センター〉の創設者であり所長をつとめる。本書は2019年にアメリカで刊行され、大ベストセラーとなった。アメリカの人種差別の歴史を描いた『Stamped from the Begining』は2016年全米図書賞(ノンフィクション部門)を受賞。児島修 こじま・おさむ英日翻訳者。立命館大学文学部卒。主な訳書に、パーキンス『DIE WITH ZERO』(ダイヤモンド社)、リトル『ハーバードの心理学講義』(大和書房)、フィネガン『バーバリアンデイズ』(エイアンドエフ)などノンフィクションを中心に多数。

著者紹介

ケンディ,イブラム・X. (ケンディ,イブラムX.)   Kendi,Ibram X.
1982年、ニューヨーク市生まれ。歴史学者、作家。ボストン大学“反人種主義研究・政策センター”の創設者であり所長をつとめる。アメリカの人種差別の歴史を描いた『はじめから烙印を押されてStamped from the Beginning』は全米図書賞(2016年、ノンフィクション部門)を受賞。2020年、タイム誌の“世界で最も影響力のある100人”に選ばれた
児島 修 (コジマ オサム)  
英日翻訳者。1970年生まれ。立命館大学文学部卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)