• 本

東京復興ならず 文化首都構想の挫折と戦後日本

中公新書 2649

出版社名 中央公論新社
出版年月 2021年6月
ISBNコード 978-4-12-102649-1
4-12-102649-7
税込価格 1,056円
頁数・縦 302P 18cm

商品内容

要旨

空襲で焼け野原となった東京は、戦災復興、高度経済成長と一九六四年五輪、バブル経済、そして二〇二〇年五輪といった機会のたびに、破壊と大規模開発を繰り返し巨大化してきた。だが、戦後の東京には「文化」を軸とした、現在とは異なる復興の可能性があった…。南原繁や石川栄耀の文化首都構想、丹下健三の「東京計画1960」など、さまざまな「幻の東京計画」をたどりながら、東京の失われた未来を構想しなおす。

目次

序章 焼け野原の東京で―「復興」としての戦後を問い返す
第1章 文化国家と文化革命のあいだ―文化による復興とは何か
第2章 文化首都・東京を構想する―南原繁と文教都心構想
第3章 より高く、より速い東京を実現する
第4章 カルチャーの時代とその終焉―東京からTOKYOへ
終章 東京は復興したのか―挫折の戦後史の奥底から

出版社・メーカーコメント

空襲で焼け野原となった東京は、戦災復興、高度経済成長と一九六四年五輪、バブル経済、そして二〇二〇年五輪といった機会を経るたびに、破壊と大規模開発を繰り返して巨大化してきた。だが、戦後の東京には「文化」を軸とした、現在とは異なる復興の可能性があった……。南原繁や石川栄耀の文化首都構想、丹下健三の「東京計画1960」など、さまざまな「幻の東京計画」をたどりながら東京の未来を構想する。

著者紹介

吉見 俊哉 (ヨシミ シュンヤ)  
1957年(昭和32年)、東京都に生まれる。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。現在、東京大学大学院情報学環教授。東京大学副学長、東京大学新聞社理事長などを歴任。専攻、社会学、都市論、メディア論、文化研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)