• 本

評伝渡辺省亭 晴柳の影に

増補改訂版

出版社名 小学館
出版年月 2021年7月
ISBNコード 978-4-09-388828-8
4-09-388828-0
税込価格 2,860円
頁数・縦 377P 20cm
シリーズ名 評伝渡邊省亭

商品内容

要旨

花鳥画の天才・渡辺省亭。初めての評伝、待望の増補改訂版!

目次

生い立ち
牛込改代町―丁稚奉公の時代
菊池容斎に入門―内弟子時代
起立工商会社―工芸下絵描き時代
絵画と工芸―涛川惣助との協同
パリの省亭―印象派の画家たちと
帰国後の家庭生活―妻・さく
金竜山下画民―明治十年代の活躍
鑑画会―フェノロサ、天心とともに
挿絵画家として―明治中期の出版ブーム
坪内逍遥と省亭―小説挿絵の新風
「胡蝶」の裸体画問題
『美術世界』の時代
西鳥越時代―明治人、清貧の暮らし
日本橋浜町時代―水巴と露
終焉、没後

出版社・メーカーコメント

渡辺省亭初の評伝、待望の増補改訂版!  今年、国内美術館で初の回顧展が開かれ、大きな注目を集めている画家・渡辺省亭。この本は2018年に出版された『評伝 渡邊省亭 晴柳の影に』を大幅に増補改訂したものです。この3年余の間に、展覧会準備と『渡辺省亭画集』制作のため急速に調査が進み、多くの作品が新たに発見されました。今回、それらの調査結果を反映して加筆・修正し、省亭の年譜も一新しました。市井の画家としての生き方を貫いた省亭の一生を、多数の逸話から辿った一冊。これを読めば、“知られざる画家”省亭の画業と人生がすべてわかります!また、この本は省亭について書かれた唯一の評伝であるとともに、同時代の画家や文化人との交流についても詳細に記述。近代日本美術の愛好家にとっても興味深い内容となっています。さらに、この5月に発見されたばかりの省亭の絶筆《春の野邊》をこの本のために新たに撮影し、カラーで掲載! 省亭が死の間際まで描いていたという大変貴重な作品を初公開します。  【編集担当からのおすすめ情報】  ・渡辺省亭展をご覧になって、省亭という画家についてもっと知りたい!と思った方にぜひお薦めしたい一冊です。・本書の制作中に所在が明らかとなった省亭の絶筆《春の野邊》を、カラーで掲載しました。岡崎市美術博物館(愛知)、佐野美術館(静岡)での巡回展にも出品される《春の野邊》を、どうぞお手元でご覧ください。

著者紹介

古田 あき子 (フルタ アキコ)  
早稲田大学教育学部卒業。1991年から日本美術院百年史主幹(〜2004年)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)