• 本

60歳からのなるべく頑張らない元気ごはん

出版社名 マキノ出版
出版年月 2021年7月
ISBNコード 978-4-8376-1402-9
4-8376-1402-7
税込価格 1,540円
頁数・縦 175P 19cm

商品内容

要旨

ちゃんと食べて、好きなことして生きる!79歳の売れっ子料理家が実践する、簡単でおいしい食事のルール。

目次

第1章 好きなことをしてピンピン生きるための「食事のルール」(献立のルールさえわかれば「ちゃんと食べる」が簡単になります
「きちんとやらなければ」という固定観念に縛られないで
やせたい!疲れ知らずになりたい!米をきちんと食べてこそ、その願いは叶います ほか)
第2章 全盛期に好んで食べていたものが心も体も若返らせてくれる(大切な思い出が食べる力を高めさせる
好物は幸せな記憶とワンセット
「洋食=健康悪」と避けたりしません ほか)
第3章 生活をシンプルにして、ちゃんと好きなことをする(同じ人生ならば元気よく、気持ちよく、生きていきたい
80歳、前を向いて仕事をするために生活をシンプルにする
「便利そう」で買ったものは使わないことが多い ほか)

著者紹介

村上 祥子 (ムラカミ サチコ)  
1942(昭和17)年、福岡県生まれ。料理研究家、管理栄養士、福岡女子大学客員教授。1985年より福岡女子大学で栄養指導講座を担当。治療食の開発で、油控えめ、かつ1人分でも短時間においしく調理できる電子レンジに着目。以来、研鑽を重ね、電子レンジ調理の第一人者と注目される。糖尿病、生活習慣病予防改善のためのレシピ開発も行っており、「たまねぎ氷」や「バナナ酢」など、数々のヒットを持つ。「食べ力」をつけることを提案しており、保育所、幼稚園、小学校の食育出前授業など、日本栄養士会主催の特別保健指導にも講師として参加している。『60歳からはラクしておいしい頑張らない台所』(大和書房)は料理レシピ本大賞2020エッセイ賞を受賞するなど、現役高齢料理研究家としての生き方にも注目が集まっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)