• 本

アジア遊学 256

元朝の歴史 モンゴル帝国期の東ユーラシア

  • 櫻井智美/編 飯山知保/編 森田憲司/編 渡辺健哉/編 舩田善之/〔ほか執筆〕
出版社名 勉誠社(制作)
出版年月 2021年5月
ISBNコード 978-4-585-32502-4
4-585-32502-6
税込価格 3,520円
頁数・縦 307P 21cm
シリーズ名 アジア遊学

商品内容

要旨

一二〇六年、チンギス・カンの即位により成立した大モンゴル国は、その後継者たちにより、ユーラシア大陸全土へその版図を広げていった。その後、皇位争いに勝利し、国号を「大元」と改めた世祖クビライが一二七九年に南宋を攻略したことにより、中国史に新たな統一王朝の名を刻むこととなる―元朝である。中国史における「元朝」とはいかなる存在であったのか―冷戦終結に伴う史料環境・研究環境の変化により、長足の進展をなしてきたモンゴル帝国史・元朝史研究の成果を受け、元代の政治・制度、社会・宗教、文化の展開の諸相、国際関係などを多面的に考察。さらには元朝をめぐる学問史を検討することにより、新たな元朝史研究の起点を示す。

目次

伝統文化とその展開(「知」の混一と出版事業
白樸の生涯と文学
「元代文学」を見つめるまなざし
景徳鎮青花瓷器の登場―その生涯と流通)
元朝をめぐる国際関係(『朴通事』から広がる世界
日元間の戦争と交易
日元間の僧侶の往来規模
モンゴル帝国と北の海の世界
元と南方世界)
研究の進展の中で(書き換えられた世界史教科書―モンゴル=元朝史研究進展の所産
史料の刊行から見た二十世紀末日本の元朝史研究)