• 本

太陽と毒ぐも 新装版

文春文庫 か32−17

出版社名 文藝春秋
出版年月 2021年7月
ISBNコード 978-4-16-791722-7
4-16-791722-X
税込価格 858円
頁数・縦 298P 16cm
シリーズ名 太陽と毒ぐも

商品内容

要旨

ハッピーエンドから始まる恋人たちの平凡な日常。一見幸せそうに見える二人に、ふとした瞬間に訪れる微かな違和感や不信感。あたたかな太陽の光が、突然暗い雲にさえぎられるように―。買い物依存症、風呂嫌い、万引き常習犯、迷信好き…。不完全な恋人たちの、キュートでちょっと毒のある11のラブストーリー。

著者紹介

角田 光代 (カクタ ミツヨ)  
1967年、神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。90年「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞、96年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞、98年『ぼくはきみのおにいさん』で坪田譲治文学賞、『キッドナップ・ツアー』で99年産経児童出版文化賞フジテレビ賞、2000年路傍の石文学賞を受賞。03年『空中庭園』で婦人公論文芸賞、05年『対岸の彼女』で直木賞、06年「ロック母」で川端康成文学賞、07年『八日目の蝉』で中央公論文芸賞、11年『ツリーハウス』で伊藤整文学賞、12年『かなたの子』で泉鏡花文学賞、同年『紙の月』で柴田錬三郎賞、14年『私のなかの彼女』で河合隼雄物語賞を受賞。21年、5年の歳月をかけて訳した『源氏物語 上・中・下』で読売文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)