• 本

怨霊不動産

竹書房怪談文庫 HO−502 恐怖箱

出版社名 竹書房
出版年月 2021年7月
ISBNコード 978-4-8019-2704-9
4-8019-2704-1
税込価格 748円
頁数・縦 223P 15cm

商品内容

要旨

関わってはいけない不動産、邪悪な何かが棲みつく家と部屋の実話集。興味本位で中へ入ると身内の誰かが死ぬ空き家、澤井家。だが本当に恐ろしいのは…「何でもない家」、ゴキブリが頻出する部屋。洋室から聞こえる泣き声の主は…「歪んだ部屋」、解体業者が屋根裏で見つけた手製の絵本。絵に関わった者に不幸が…「屋根裏の絵本」、前の住人が置いていった姿見に映る影。休日にだけ感じる不吉な気配「日曜日の部屋」、外から見ると2階建てだが、階段がない家。上から聞こえる物音と声に両親は口を噤むが…「あの家のこと」、瑕疵物件を渡り歩くプロでも駄目だった部屋「田沢さん」他、28話収録。

目次

その箸を遣ふ者なし夏の夕(高田公太)
ペットボトルの部屋(戸神重明)
封印の家(つくね乱蔵)
スパイス(橘百花)
幸運な家(つくね乱蔵)
引き継ぐ家(つくね乱蔵)
裏路地(渡部正和)
歪んだ部屋(橘百花)
お持ち帰り(松本エムザ)
日曜日の部屋(煙鳥)〔ほか〕

著者紹介

加藤 一 (カトウ ハジメ)  
1967年静岡県生まれ。老舗実話怪談シリーズ『「超」怖い話』四代目編著者。また新人発掘を目的とした実話怪談コンテスト「超‐1」を企画主宰、そこから生まれた新レーベル「恐怖箱」シリーズの箱詰め職人(編者)としても活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)