• 本

逝ってしまった君へ

出版社名 小学館
出版年月 2021年7月
ISBNコード 978-4-09-388817-2
4-09-388817-5
税込価格 1,650円
頁数・縦 189P 19cm

商品内容

要旨

「大切な人の自死」を経た著者が贈る、「遺された人々」のこれから。SNSで大反響の壮絶な随想録、待望の書籍化。いなくなって初めてわかる、大きな喪失感と日々の「気づき」―遺書にあった自らに向けたメッセージ、告別式でのお母さまの話、初めての「遺品整理ハイ」…そして「君」を失った世界で見つけた一つの光。日々悲しみの中にいるあなたにこそ読んでほしい大切な人へ向けた祈りに満ちた随想録。

目次

逝ってしまった君へ
はじめての恋人
最期のメッセージ
無益なシミュレーション
君に会いに
この子を許してやってください
遺された声
君だけがいない部屋
遺品整理ハイ
友達の役割
君がいる
サヨナラからはじまること

出版社・メーカーコメント

2019年1月。私は古い友人のひとりを失った。彼は私の大切な友人でもあり、はじめての恋人でもあった。声優・あさのますみが体験した大切な人の「自死」。「残された人々」の想いを綴る、ノンフィクション随想録

著者紹介

あさの ますみ (アサノ マスミ)  
1977年秋田県生まれ。國學院大學文学部日本文学科を卒業後、声優に。声優活動の傍ら、文筆業でも精力的に活動し、2005年に初エッセイ集『ひだまりゼリー』を発表。その後も、2007年に絵本『ちいさなボタン、プッチ』が小学館主催「第13回おひさま大賞・童話部門」にて最優秀賞を受賞するなど、エッセイ・絵本・漫画原作など、文筆家として幅広く活躍中。近著に「第7回MOE創作絵本グランプリ」で大賞を受賞した絵本『まめざらちゃん』(絵・よしむらめぐ)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)