• 本

学者の暴走

扶桑社新書 378

出版社名 育鵬社
出版年月 2021年7月
ISBNコード 978-4-594-08806-4
4-594-08806-6
税込価格 990円
頁数・縦 263P 18cm

商品内容

要旨

新型コロナウイルスの起源を徹底追究!遺伝子操作によるウイルス強毒化、子どもに対する性転換手術など、次々に行われる危険な研究。倫理感なく突き進む学者の実態に警鐘を鳴らし、学術界の悪の正体を暴く!

目次

第1章 新型コロナウイルスと悪魔の科学(情報隠蔽がもたらしたパンデミック
武漢で行われていた危険な研究 ほか)
第2章 科学とは何か(そもそも科学とは何なのか
科学の限界 ほか)
第3章 日本の科学の弱点(科学に向かない日本文化の側面
日本文化と左翼イデオロギーの奇妙な共鳴 ほか)
第4章 世界の学問の危機(反西洋文明思想の到来
ジェンダー学の危険 ほか)
第5章 学問の再建に向けて(危険な科学をどう制御するか
知識人にどう責任をとらせるか ほか)

著者紹介

掛谷 英紀 (カケヤ ヒデキ)  
筑波大学システム情報系准教授。1970年大阪府生まれ。東京大学理学部生物化学科卒業。同大大学院工学系研究科先端学際工学専攻博士課程修了。博士(工学)。通信総合研究所(現・情報通信研究機構)研究員を経て現職。専門はメディア工学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)