• 本

移民をどう考えるか グローバルに学ぶ入門書

出版社名 勁草書房
出版年月 2021年6月
ISBNコード 978-4-326-65429-1
4-326-65429-5
税込価格 2,970円
頁数・縦 173,8P 20cm

商品内容

要旨

新型コロナパンデミックによって世界的な人の流れは急停止したが、そこで見えてきたのは、私たちの日々の暮らしが移民なしではもはや成り立たないということだった。本書では、専門用語の解説にとどまらず最新のエビデンスを示しながら、特定の地域に偏らないグローバルな動向を紹介すると同時に、移民受け入れのポジティブな影響もネガティブな影響も説明するなどバランスのとれた視点を重視することで、ポストコロナ時代の移民問題を考えるための優良なガイドをお届けする。定評ある入門書、待望の邦訳。

目次

第1章 なぜ移民が問題なのか
第2章 移民とは誰のことなのか
第3章 移民とグローバリゼーション
第4章 移民と開発
第5章 非正規移民
第6章 難民と庇護希求者
第7章 社会における移民
第8章 国際移住の未来

出版社・メーカーコメント

基本的データから最新の研究、そして将来像まで、世界標準の考え方をコンパクトに凝縮した画期的イントロダクション!欧米で外国人排斥運動が高まり、日本でも外国人労働者が増加し、いま移民は論争的なテーマとなっている。本書では、専門用語を説明して最新の研究を示し、特定の地域に偏らずグローバルな動向を意識し、そしてバランスのとれた視点を大切にすることで、移民をきちんと考えるための「糧」をお届けする。定評ある入門書、待望の邦訳!

著者紹介

コーザー,カリド (コーザー,カリド)   Koser,Khalid
マーストリヒト大学教授およびグローバル・コミュニティ・エンゲージメント・アンド・レジリエンス基金(GCERF)執行理事。ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンで博士号(Ph.D.)を取得し、アメリカのブルッキングス研究所やオーストラリアのローウィー研究所のシニアフェロー、イギリス王立国際問題研究所やジュネーブ国際開発高等研究所のリサーチアソシエートなども歴任。ダボス会議の国際移民に関するセッションの議長も務めてきた
是川 夕 (コレカワ ユウ)  
国立社会保障・人口問題研究所国際関係部部長。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了、博士(社会学)を取得。OECD移民政策会合ビューローメンバーなどを務めたほか、現在はOECD移民政策専門家会合(SOPEMI)政府代表も務める。専門は移民研究、社会人口学
平井 和也 (ヒライ カズヤ)  
実務翻訳者。青山学院大学文学部英米文学科卒業。サイマル・アカデミー翻訳者養成コースで産業翻訳日英コース(行政)を専攻。国際政治や歴史を主な関心領域とし、人文科学・社会科学系を中心に学術文書やビジネス関連文書、政府系文書などの翻訳を多数手掛ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)